FontcaseでiPadにフォントを追加する方法

フォントインストールアプリFontcaseを使用して、iPadにフォントを追加する方法の備忘録です。

Fontcaseは、.ttf、.oftなどのフォントデータをiPadへ簡単に追加できる無料アプリです。

Fontcaseのインストール方法

iPadのApp Storeから「Fontcase」をインストールします。
下記のリンクからインストールするか、App Storeのアプリを開き、「fontcase」で検索すると表示できます。

Fontcase|App Store

表示されたアプリケーションの「入手」をタップします。
「入手」が「開く」ボタンに切り替わり、タップするとFontcaseが起動します。

フォントファイルを準備する

今回は「ステッキ」をインストールしてみます。

フォントをダウンロードすると、iPadの「iCloud Drive」にzipファイルがあるので、タップで解凍してフォントファイルを用意します。

Fontcaseでフォントをインストールする

Fontcaseのアプリを開き、画面左上の「Import」をタップします。

先ほど解凍したステッキのフォントファイル「Stick-Regular.ttf」をタップします。選択するのは、TureTypeフォント(.ttf)、OpenTypeフォント(.oft)などのフォントファイルです。

タップしたフォントが一覧に追加されます。
追加するフォントのインポートができたら右上の「Install」をタップします。

フォントのダウンロード画面が表示されるので、真ん中の「Download Fonts」をタップします。

確認のポップアップが表示されるので、構成プロファイルをダウンロードの「許可」をタップします。

「プロファイルがダウンロード済み」のポップアップが表示された場合は、「閉じる」をタップします。

iPadにフォントを設定する

続いて設定アプリを開き、「一般」>「VPNとデバイス管理」をタップします。

ダウンロード済みプロファイルの「Fontcase Installation」をタップします。

プロファイルをインストールするポップアップが表示されるので「インストール」をタップします。
iPadのセキュリティの設定によっては、ここでパスコードが必要になります。

警告のポップアップなどが表示されますが、インストールを進めます。

インストール完了のポップアップが表示されたら、「完了」をタップしてiPadでフォントが使用できるようになります。

「Fontcase Installation」の「詳細」をタップすると、追加したフォントを確認できます。

追加したフォントは、Adobeのアプリや、クリスタで使用できます。

Share on Twitter
関連記事
Google Fontsをダウンロードする方法
Google Fontsをダウンロードする方法
無料アイコンフォント「Font Awesome」の使い方
無料アイコンフォント「Font Awesome」の使い方
Noto Sans JPをWebサイトに設定する方法
Noto Sans JPをWebサイトに設定する方法