Google Fontsをダウンロードする方法

Google Fontsで提供されているWebフォントをダウンロードして、PhotoshopやXDで使用できるようにする手順の備忘録です。

Google Fontsは「Open Source Fonts」で基本的に無料で利用することができます。様々な言語のフォントに対応しており、日本語フォントも種類が豊富です。

Google font

まずは、この中からダウンロードしたいフォントを選択します。

Google Fonts で使いたいフォントを探す

ダウンロードしたいフォントの名前やキーワードが分かっている場合は、検索ボックスから直接探すことができます。

検索ボックス下の「Categories」では、フォントの種類を絞り込むことができます。

  • Serif:セリフ・フォント
  • Sans Serif:サンセリフ・フォント
  • Display:装飾文字系フォント
  • Handwriting:手書き風フォント
  • Monospace:等幅フォント

日本語フォントの明朝体を選択したい場合はSerif(セリフ)、ゴシック体を選択したい場合はSans Serif(サンセリフ)を選択します。

「Language」の項目を「Japanese」に設定すると、日本語フォントのみ表示することができます。

検索ボックスの横にある「Sentence」では、サンプルとして表示するテキストを変更することができます。

  • Custom:利用したいテキストの表示
  • Sentence:一文の短めのテキストを表示
  • Alphabet:ABC順にアルファベットを表示
  • Paragraph:一段落の少し長めのテキストを表示
  • Number:数字を表示

「Custom」を選択して表紙するテキストを入力してみました。
(一部適応されないフォントもあります。)

一覧の右上にある「Sort by」では、一覧表示の並順を指定することができます。

  • Trending:トレンド順
  • Popular:人気順
  • Date Added:新着順
  • Alphabetical:アルファベット順

デフォルトではTrending(最近の流行順)が選択されています。

一覧からフォントを選択すると個別の詳細ページを見ることができます。

詳細ページでは、表示するテキストや文字サイズを調整したり、収録されている文字の一覧を見ることができます。

Google Fontsをダウンロードする

フォントの詳細ページの右上にある「Dawnload family」をクリックするとzipファイルがダウンロードされます。

今回は、「Kosugi Maru」をダウンロードしてみました。
ダウンロードされたファイルを解凍して、フォントファイルをパソコンにインストールします。

Macの場合は、アプリケーションの「Font Book」に入れると使用できます。

今回ダウンロードした「Kosugi Maru」は、「MotoyaL Maru」を選択すると表示できます。

Share on Twitter
関連記事
無料アイコンフォント「Font Awesome」の使い方
無料アイコンフォント「Font Awesome」の使い方
Macからフォントが消えた時の対処法
Macからフォントが消えた時の対処法
SUZURIでオリジナルデザインのグッズショップを作成する方法
SUZURIでオリジナルデザインのグッズショップを作成する方法