WordPressでショートコードを自作する方法

WordPressでショートコードを自作する方法

Wordpressでは、PHPというプログラミング言語を使ってページを表示しています。 PHPを使えば投稿ページの一覧を簡単に表示したり、メニューやリンクを簡単に表示できてとても便利です。 しかし、投稿ページや固定ページの中にそのままPHPを書くことはできません。 ページ内でもPHPを使ってプログラムをしたい。そんな時に使用するのがショートコードです。

ショートコードの作り方

ショートコードはfunctions.phpで作成します。

失敗すると画面が表示されなくなってしまうので、functions.phpを修正するときは必ずバックアップをとります。

試しに文字を表示するショートコードを作成します。functions.phpに下記を追記します。

function shortcode_sample(){
return "ショートコードで表示する文字を記入します。";
}
add_shortcode('sample','shortcode_sample');

add_shortcodeの「sample」がショートコードに記載する文字、「shortcode_sample」がショートコードの内容を書く関数名です。

作成したショートコードは、固定ページ内に[sample]と記入すると表示されます。