slickのドット(dots)をスライドの画像にする方法

slick(スリック)を使って実装したスライドショーのドット部分を、スライドの画像にする方法の備忘録です。

スライドショーを実装する

まずは、slickを使用して通常のスライドショーを実装します。slickの基本的な使い方は、こちらの記事でまとめています。

jQueryとslickファイルを読み込み、HTMLコードを記述します。

<div class="slider">
  <div><img src="sample01.png"></div>
  <div><img src="sample02.png"></div>
  <div><img src="sample03.png"></div>
  <div><img src="sample04.png"></div>
</div>

続いてスライドショーを実装するためのコードを</body>の直前に追加します。

<script type="text/javascript">
  jQuery(function(){
    jQuery('.slider').slick({
      autoplay: true,
      autoplaySpeed: 3000,
      infinite: true,
      dots: true
    });
  });
</script>

エラーがなければ、下記のようなスライドショーが表示されます。

デザインを整えるため、一部のCSSを修正しています。

ドットを画像に変更する

スライド画像の下にあるドットをクリックすると、画像を切り替えることができます。
このドット部分を、スライドの画像になるようにコードを修正します。

jQuery(function(){
  jQuery('.slider').slick({
    autoplay: true,
    autoplaySpeed: 3000,
    infinite: true,
    dots: true,
    customPaging: function(slick,index) {
      var targetImage = slick.$slides.eq(index).find('img').attr('src');
      return '<img src=' + targetImage + '>';
    },
  });
});

「dots: true」の下に、下記のコードを追加しています。

customPaging: function(slick,index) {
  var targetImage = slick.$slides.eq(index).find('img').attr('src');
  return '<img src=' + targetImage + '>';
},

デザインを調整する

ドット部分のリストに画像が挿入されるので、画像の大きさなどをCSSで調整します。

.slick-dots {
  bottom: -145px;
}
.slick-dots li {
  width: 50px;
  height: 50px;
}

今回は、「.slick-dots」で画像の表示位置、「.slick-dots li」で画像の大きさを調整しています。

画像をクリックすると、スライドショーが該当の画像に切り替わります。

Share on Twitter
関連記事
PHPでメール送信を実装する方法
PHPでメール送信を実装する方法
WordPressにslickでスライドショーを実装する方法
WordPressにslickでスライドショーを実装する方法
phpで指定した値が配列に存在するか調べる方法
phpで指定した値が配列に存在するか調べる方法