Macの装飾キーの記号について

キーボードのWindowsとMacでは異なる装飾キーを使用します。
Macを使い始めたばかりは迷うことも多かったので、よく使う装飾キーの記号を備忘録としてまとめました。

Command ⌘(コマンド)

command (または cmd) と表記されるコマンドキーの記号です。「command + C」(コピー) など、定番のショートカットに使用されるキーです。WindowsのCtrlキーにあたります。

Option ⌥(オプション)

option (または alt) と表記されるオプションキーの記号です。「option + delete」で挿入ポイントの左側にある単語を削除するなど、通常の動作を切り替えるときなどに使用されることの多いキーです。WindowsのAltキーにあたります。

Shift ⇧(シフト)

shiftと表記されるコマンドキーの記号です。「shift + command + 3」でスクリーンショットを撮るなど、「command」のショートカットと一緒に使用されることの多いキーです。WindowsのShiftキーにあたります。

Control ⌃(コントロール)

control (または ctrl) と表記されるコマンドキーの記号です。「control + A」で挿入ポイントを文の先頭に移動するなど、WindowsのControlキーとは異なる用いられ方をします。

WindowsのControlキーがMacではCommandキーにあたるなど、少しややこしい部分です。

Share on Twitter
関連記事
テキストエディットでhtmlファイルをソースコードで表示する方法
テキストエディットでhtmlファイルをソースコードで表示する方法
Macでよく使うショートカット21選
Macでよく使うショートカット21選
MacのFinderで隠しファイルを表示する方法
MacのFinderで隠しファイルを表示する方法