Photoshopでレイヤーを個別に一括で書き出す方法

Photoshopで、全てのレイヤーを一括で個別の画像ファイルで保存する方法の備忘録です。

書き出すレイヤーを用意する

下記のように、書き出すレーヤーごとにパーツを分けたPSDファイルを用意します。

黄色の背景、レモンの画像、テキストをそれぞれ別のPNGファイルで保存します。

レイヤーで書き出し機能を使った場合、保存されるファイル名はPhotoshopのルールに基づいて自動で付与されます。レイヤーの名前がそのまま保存するファイル名の一部になるため、適切な名前を設定しておきます。

レイヤーをファイルで書き出す

用意したレイヤーを画像として書き出します。

上部のメニューから「ファイル」>「書き出し」>「レイヤーをファイルへ書き出し」を選択します。

ダイアログボックスが表示されるので、書き出すファイルの保存場所や形式を設定します。

保存先は、「参照…」をクリックして、書き出すファイルの保存場所を選択します。初期設定では、生成されたファイルはソースファイルと同じフォルダーに保存されます。

ファイルの先頭文字列は、書き出されるファイル名の共通部分を入力します。

表示されているレイヤーのみにチェックを入れると、非表示のレイヤーは書き出されません。書き出す必要がないレイヤーがある場合には、非表示にしてこのオプションを使用します。

ファイル形式は、書き出すファイルの形式を選択します。

PNGを選択すると、オプションで透明部分の透過と、透明背景部分を自動でトリミングすることができます。

書き出したファイルに作業用スペースプロファイルを埋め込む場合は、ICC プロファイルを含めるのオプションを選択します。

設定ができたら右上の「実行」ボタンをクリックしてファイルを書き出します。

書き出されたファイル

接待した保存先に、各レイヤーが書き出されました。


ファイル名は「design_0000_text.png」のように「ファイルの先頭文字列_連番_レイヤー名.png」となっています。連番は、レイヤーの上から順に自動で付与されます。

テキストとレモンの画像は、画像に合わせて自動でトリミングされています。

Share on Twitter
関連記事
Photoshopでアートボードを追加する方法
Photoshopでアートボードを追加する方法
Photoshopでよく使用するショートカット
Photoshopでよく使用するショートカット
Photoshopで省略の波線を作成する方法
Photoshopで省略の波線を作成する方法