Photoshopでグラデーションマップを作成する方法

Photoshopでグラデーションマップを作成する方法の備忘録です。

グラデーションマップを利用すれば、画像の明暗を、設定したグラデーションの色に置き換えることができます。白黒の写真に色をつけたり、全体の色味を調整したし、イラストの作成にも使用されます。

グラデーションマップを設定する

Photoshopで白黒の写真に、グラデーションマップで色をつけてみます。

まずはPhotoshopでモノトーンの写真を開きます。

上部のメニューから「レイヤー」>「新規調整レイヤー」>「グラデーションマップ…」をクリックします。

新規レイヤーパネルが開くので、下のレイヤーを使用してクリッピングマスクを作成にチェックを入れて「OK」をクリックします。

グラデーションマップのレイヤーが追加されました。

グラディーションを変更する

グラデーションマップが設定できたら、グラデーションで色を設定します。
プロパティに表示されているグラデーションバーをダブルクリックし、グラデーションエディターを表示します。

グラデーションエディターが開くので、プリセットまたは、グラデーションタイプから色をカスタムします。
カスタムで色を変更したい場合は、表示されているグラデーション下の四角い色の表示をダブルクリックします。余白部分をクリックして、色を追加することもできます。設定できたら「OK」をクリックします。

グラデーションエディターで作成したグラデーションが、モノクロの写真に反映されます。

グラデーションの色を変更することで、セピア風のレトロな画像なども簡単に作成できます。

グラデーションマップで色彩調整

グラデーションマップや全体の色味の調整にも活用することができます。
元のケーキの写真に、グラデーションマップで下記のようなグラデーションを設定します。

作成したグラデーションマップのレイヤーを「オーバーレイ」、不透明度「40%」に設定することで、全体の色が明るくなりました。

全体の色味の調整は、イラストの作成でも使用できるテクニックです。

Share on Twitter
関連記事
Photoshopでジオラマ風の写真を作成する方法
Photoshopでジオラマ風の写真を作成する方法
Photoshopでレイヤーの表示・非表示を一括で切り替える方法
Photoshopでレイヤーの表示・非表示を一括で切り替える方法
Photoshopでアクションを記録して作業を自動化する方法
Photoshopでアクションを記録して作業を自動化する方法