ベーシック認証を設定する方法

ベーシック認証を設定する方法

久しぶりにベーシック認証を設定しようとしたら、やり方を忘れていたのでメモしておきます。

ベーシック認証とは

ベーシック認証(Basic認証)とは、HTTPで定義される基本的な認証方式の一つです。ベーシック認証が設定されたWebページを閲覧するためには、Webブラウザ上でユーザ名とパスワードの入力が必要となります。

ベーシック認証の設定手順

.htaccessファイルを作る

.htaccess

AuthType Basic
AuthUserfile /xxx/.htpasswd
AuthName "Input your ID and password"
require valid-user

AuthType 認証方式の指定です。ベーシック認証なら「Basic」、ダイジェスト認証なら「Digest」を指定します。 AuthUserFile .htpasswdへのパスを指定します。 AuthName 認証画面に表示されるメッセージを設定します。日本語(全角文字)は文字化けする恐れがあるので、基本的に半角英数字で記入します。 require アクセスを許可するユーザーの指定です。「valid-user」と指定した場合、IDとパスワードが正しければすべてのユーザーがアクセスできます。

.htpasswdファイルを作る

.htaccess用のパスワード作成ツールで.htpasswdファイルを作ります。

htpasswdファイル生成(作成)

サーバーへアップロード

作成した.htaccessと.htpasswdをベーシック認証を設定したいサーバーのディレクトリへアップします。ファイルのパーミッションは604とします。

ファイルをアップしたらWebページにベーシック認証がかかります。

500 Internal Server Error となる場合は、.htaccessファイルの文法が間違っているかもしれません。確認してみましょう。