Illustratorで画像を埋め込む方法

Illustratorで画像を配置する2つの方法「埋め込み」と「リンク」に関する備忘録です。

Illustratorの画像の埋め込みとリンク

Illustratorには、画像をファイル内に配置する際に「埋め込み」と「リンク」の2種類の方法があります。

埋め込みとは

Illustratorのファイルの中に画像を直接貼り付ける方法が「埋め込み」です。

埋め込んだ画像データをIllustratorファイル自体が保持しているため、納品時など使用した画像を別途添付する必要がありません。

リンクとは

外部にある画像データを参照してIllustratorに表示する方法が「リンク」です。

Illustratorに直接画像を貼り付けていないためデータが軽く、参照先の画像を変更した場合、そのまま変更をIllustratorでの表示に反映できるメリットがあります。

一方で、ファイルを移動したり参照先の画像を削除するなど「リンク切れ」の状態になると、画像が表示できなくなるので注意が必要です。

埋め込みかリンクか確認する方法

画像が埋め込みリンクどちらの状態で表示されているかは、「リンクパネル」で確認することができます。

右側に丸いアイコンが表示されている画像が、「リンク」の状態の画像です。

リンクパネルが見当たらない場合は、上部メニューの「ウィンドウ」>「リンク」から開くことができます。

Illustratorに画像を埋め込む方法

「ファイル」>「配置…」から画像を選択した際に、「リンク」のチェックを外した状態で配置すると、埋め込みの状態で画像を貼り付けることができます。

「リンク」にチェックがついた状態だと、リンクでの貼り付けになります。

また、Photoshopなどからコピーした画像を直接貼り付けると「埋め込み」の状態になります。

リンクを埋め込みに変更する方法

画像の埋め込みはリンクパネルから変更することができます。

埋め込みたい画像を選択した状態で、リンクパネルの右上のハンバーガーメニューから、「画像を埋め込み」をクリックします。

埋め込みをリンクに変更する方法

「埋め込み」の画像を「リンク」に変更する場合は、リンクパネルから「埋め込みを解除…」をクリックし、再度リンク先の画像を選択して保存します。

通常は画像をリンクのまま作業しますが、Illustratorで作成したファイルを印刷所に入稿する時など、「リンク」で貼り付けた画像が「リンク切れ」になり画像が正常に表示できないトラブルがよくあります。しかし、画像を全て埋め込んだ状態で作業すると、ファイルが非常に大きく動作が重くなるため、リンクで配置した画像を入稿時に埋め込みに変更するなど、目的や環境に応じて使い分けます。

Share on Twitter
関連記事
Illustratorで横書きの文字を縦書きに変更する方法
Illustratorで横書きの文字を縦書きに変更する方法
Illustratorで表示が白黒の線だけになった時の対処法
Illustratorで表示が白黒の線だけになった時の対処法
Illustratorでパスが表示されなくなった時の対処法
Illustratorでパスが表示されなくなった時の対処法