Illustratorで遠近グリッドを非表示にする方法

Illustratorの遠近グリッドを誤って表示させてしまった場合に、非表示に戻す方法の備忘録です。

非表示にする方法

遠近グリッドを非表示にするには以下の3つの方法があります。

  • 「Shift」+「Ctrl」+「I」のショートカットキーを押す
  • 「表示」→「遠近グリッド」→「グリッドを隠す」をクリックする
  • 遠近グリッドツールの左上にある×アイコンをクリックする

ショートカットキーで非表示にする

「Shift」+「Ctrl」+「I」のショートカットキーで、グリッドを非表示に切り替えることができます。ワンアクションで表示、非表示が切り替えられるので、これが一番簡単な方法かと思います。

メニューバーの「表示」から非表示にする

メニューバーの「表示」から「遠近グリッド」→「グリッドを隠す」をクリックすると非表示になります。

遠近グリッドツールの×アイコンで非表示にする

遠近グリッドツールが表示されている場合、ツールの左上にある「×」のアイコンをクリックすることで非表示になります。

遠近グリッドツールが表示されていない場合は、「Shift」+「P」のショートカットキーで表示することができます。

遠近グリッドについて

遠近グリッドは、遠近描画のオブジェクトを作成する際に用いられるグリッドです。一点遠近法、二点遠近法および三点遠近法のプリセットが用意されています。

遠近グリッドは、メニューバーの「表示」から「遠近グリッド」で表示するほか、「Shift」+「Ctrl」+「I」のショートカットキーで表示することができます。また、遠近グリッドツールをクリックした場合も表示されます。しかし、一度表示させると再度「遠近グリッドツール」ボタンを押しても消すことができません。「Ctrl」+「Z」の「取り消し」操作でも消すことができないため、ショートカットキーの押し間違いなどで意図せずに表示させてしまった場合は、上記の方法で非表示に戻します。

Share on Twitter
関連記事
Illustratorで文字にグラデーションをかける方法
Illustratorで文字にグラデーションをかける方法
Illustratorでパスが表示されなくなった時の対処法
Illustratorでパスが表示されなくなった時の対処法
Illustratorで文字の余白を調整する方法
Illustratorで文字の余白を調整する方法